• 大地も凍てつく極寒のロシアで、デンヨーのエンジン溶接機がパイプラインの安定稼動を支えている。 ロシアと周辺各国を結び、原油、天然ガスなどのエネルギー資源に使われるパイプライン。東欧諸国全体にとっても重要なライフラインになっている。その規模は基幹路線とも言えるドルジュバ・パイプラインだけでも総延長4,655Kmに及ぶ。厳しい自然環境の中に敷設された施設だけに、パイプラインを安定して使用し続けていくにはメンテナンスを欠かすことができない。しかし、メンテナンスが実施できるのは想像を絶する低気温が到来する冬季のみ。敷設場所の多くが湿地帯であるため、地表が凍りついた時期にしか、工事車輌が進入することができないのだ。大地も凍てつく極寒のロシアで、デンヨーのエンジン溶接機がパイプラインの安定稼動を支えている。

    ロシアと周辺各国を結び、原油、天然ガスなどのエネルギー資源に使われるパイプライン。東欧諸国全体にとっても重要なライフラインになっている。その規模は基幹路線とも言えるドルジュバ・パイプラインだけでも総延長4,655Kmに及ぶ。厳しい自然環境の中に敷設された施設だけに、パイプラインを安定して使用し続けていくにはメンテナンスを欠かすことができない。しかし、メンテナンスが実施できるのは想像を絶する低気温が到来する冬季のみ。敷設場所の多くが湿地帯であるため、地表が凍りついた時期にしか、工事車輌が進入することができないのだ。

  • 大地も凍てつく極寒のロシアで、デンヨーのエンジン溶接機がパイプラインの安定稼動を支えている。 数百キロ先まで人家もないという凍土のもと、メンテナンスを担当するオペレーターたちは数ヶ月に渡ってパイプラインの不具合箇所を探し、補修し続けていく。そんなシビアな状況の中でオペレーターたちの信頼に応えているのがデンヨーのエンジン溶接機だ。極めて故障の少ないタフな設計はもちろんのこと、結露にも万全の対策がとられているため、極寒の地でもエンジンが凍りついて動かなくなることもほとんどない。24時間のフル稼働でも、安定したパフォーマンスを発揮し続ける。大地も凍てつく極寒のロシアで、デンヨーのエンジン溶接機がパイプラインの安定稼動を支えている。

    数百キロ先まで人家もないという凍土のもと、メンテナンスを担当するオペレーターたちは数ヶ月に渡ってパイプラインの不具合箇所を探し、補修し続けていく。そんなシビアな状況の中でオペレーターたちの信頼に応えているのがデンヨーのエンジン溶接機だ。極めて故障の少ないタフな設計はもちろんのこと、結露にも万全の対策がとられているため、極寒の地でもエンジンが凍りついて動かなくなることもほとんどない。24時間のフル稼働でも、安定したパフォーマンスを発揮し続ける。

  • 大地も凍てつく極寒のロシアで、デンヨーのエンジン溶接機がパイプラインの安定稼動を支えている。 万一、溶接機が故障すれば、作業を停止し、数百キロもの距離を移動して代替機を入手しなければならなくなるため、デンヨー製品のタフネスぶりはパイプラインのメンテナンスに欠かすことのできない存在になっているのだ。デンヨーでは2008年からロシアのガスプロムやトランスネフチのパイプラインプロジェクトに約3000台を納入している。大地も凍てつく極寒のロシアで、デンヨーのエンジン溶接機がパイプラインの安定稼動を支えている。

    万一、溶接機が故障すれば、作業を停止し、数百キロもの距離を移動して代替機を入手しなければならなくなるため、デンヨー製品のタフネスぶりはパイプラインのメンテナンスに欠かすことのできない存在になっているのだ。デンヨーでは2008年からロシアのガスプロムやトランスネフチのパイプラインプロジェクトに約3000台を納入している。極寒の冬のロシアでも、デンヨーのエンジン溶接機はユーザーの信頼を裏切ることがない。