投資家情報 投資家情報
投資家情報

株主・投資家の皆さまへ

社長ご挨拶

デンヨー株式会社 代表取締役社長白鳥晶一

株主・投資家の皆さまには、日頃より温かいご支援を賜り、心より厚く御礼申しあげます。
さて、第70期(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の当社グループの業績につきまして、その概要をご報告申しあげます。

当期の当社グループを取り巻く事業環境は、国内においては、首都圏の再開発工事に加え、東京五輪関連工事が本格化するなど建設需要が堅調に推移し、民間設備投資の増加も見られました。一方、海外においては、米国市場では需要が堅調に推移いたしましたが、アジア市場の需要回復に遅れが見られました。

このような状況の中、当社グループは、業界トップクラスの低騒音を実現した静音発電機など多数の新製品を投入するとともに、提案型営業に注力してまいりました結果、売上高501億82百万円(前期比2.7%増)となりました。一方、利益面におきましては、比較的収益性の高い大型機の出荷減少や固定費の増加もあり、営業利益39億2百万円(同8.1%減)、経常利益41億87百万円(同7.5%減)、親会社株主に帰属する当期純利益27億62百万円(同3.7%減)となりました。

今後につきましては、平成30年度から始まる3ヵ年の中期経営計画「Denyo2020」に基づき各種施策を着実に実行し、業績の拡大を目指してまいります。

株主・投資家の皆さまには、今後とも旧に倍するご指導ご鞭撻をお願い申しあげます。


2018年6月